FC2ブログ

J-SPEED速報

J速はTeam Cygamesも応援しています!!

別作品からも追悼 

2019.11.19

意地悪な狼「オーコ、聞こえるだろ、俺達の、子供の声…!」

王冠泥棒、オーコ「はい…」

狼「ほら!最初に抱いている、俺!」

オーコ「はい、かわいいです…」

狼「俺達の子だぞ、金色のガチョウだ…」

オーコ「ガッちゃん…」

狼「マナクリーチャーだ、元気なマナクリーチャーだぞ」

オーコ「はい、スタンダードで産んであげられてよかったです…。ガッちゃんには大変な思いをさせてしまいましたけど…」

狼「よくやった、本当に…」

オーコ「でも、少し疲れてしまいました。ちょっとだけ、休ませて下さい…」


狼「オーコ、ずっと傍にいてくれるって言ったよな?」

「ずっと、一緒だって…」

「何度も何度もそう約束したよな…それが俺の夢だった。」

「ゴルガリアドベンチャーしてたって、何のいいこともない、クソ面白くない環境だって、そう思っていた奴が、やっと見つけた夢なんだ!」

「なぁ、オーコ!オーコ…!オーコ――!!」



~~~~~


『このスタンダードは好きですか?』

『でも何もかも変わらずにはいられないです。』

『初手むかしむかしとか、メイン害悪な掌握とか、全部変わらずにはいられないです。』

『それでもこのスタンダードが好きでいられますか?』

~~~~~
『出会わなければよかったんだ…』

『このまま別のフォーマットを歩いていればよかった。』

『俺はオーコと付き合わず、オーコと夏の帳もしない。』

『そして、食物(food)も生まれない…』

『そうすればこんな禁止改訂も生まれなかったのに…!』

『出会わなければ、よかった』






追悼 

2019.11.19

王冠泥棒、オーコ「ねえ、金のガチョウ、ちょっと先に行っててほしいの。」

「あたしの活躍は、今期でおわりだから。」

「がんばって、そこまで歩いてみる。」

「おかあさんは、そこに立ってるの。ゴールだから。」

「もう、いいよね。・・・わたし、がんばったよね。・・・もうゴール、していいよね。」

「・・・そこまで辿り着いたら、もうゴールしていいよね。」
「・・・わたしのゴール。ずっと目指してきたゴール。」

「・・・わたし、がんばったから、もういいよね。休んでも・・・いいよね。」

金のガチョウ「・・・え・・・あんた・・・まさか・・・痛いんか?ほんまは・・・食物(Food)トークンを1つ生成する時・・・痛かったんか・・・?」

「・・・嘘や・・・嘘や、言うてや・・・これからはあんた・・・元気になっていくんやろ?」

「・・・悪い夢は終わったはずやろ・・・?せやろ・・・?オ、オーコ・・・。嘘や言うてや、オーコ・・・。」

オーコ「・・・ごめんね、金のガチョウ・・・。でもわたしは、ぜんぶやり終えることができたから・・・。」

「・・・だから、ゴールするね・・・。」

ガチョウ「・・・あかん・・・まだ・・・頑張るんや、オーコは・・・これから、まだまだ頑張るんや・・・。」

「・・・ゴール、まだまだ先や・・・。ずっと先にあって、こんなところにはあらへん・・・あらへんはずや・・・。」

オーコ「・・・ゴール・・・するね。」

ガチョウ「・・・あかん・・・オーコ、きたらあかん・・・ゴールしたらあかん。」

「・・・始まったばかりやんか・・・やっとスタートきれたんやないか・・・。」

「・・・ずっときれへんかったスタートやっ。」

オーコ「・・・ううん、食物(Food)トークン生成した。なにもかも、やりとげた。もうじゅうぶんなくらい。」

「・・・このエルドレインの王権に一生ぶんの楽しさがつまってた。すごく楽しかった。」

「・・・いろいろなことあったけど・・・わたし・・・がんばって、よかった。」

「・・・つらかったり、苦しかったりしたけど・・・でも・・・がんばって、よかった。」

「・・・ゴールは・・・ハイドロイド混成体だったから。わたしのゴールはハイドロイド混成体だったから。ひとりきりじゃなかったから・・・。」

「・・・だから・・・だからね・・・もうゴールするね・・・。」

「・・・ゴールッ!」

「・・・やった・・・やっと・・・たどりついた・・・ずっと探してたばしょ・・・幸せなばしょ・・・ずっと、幸せなばしょ・・・。」

ガチョウ「・・・そんなん嫌や・・・オーコ・・・うち、そんなん嫌や・・・。」

「・・・置いていかんでやっ・・・うちをひとりにせんでやっ・・・。」

「あんたに食物(Food)トークン生成してもらったんやないかっ」

「意地悪な狼の、育て方・・・あほで甲斐性なしやったうちに教えてくれたやんか・・」

「(T),食物1つを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加えることだけが幸せやったうちに教えてくれたやないかっ・・・食物(Food)1つを生け贄に捧げる:意地悪な狼の上に+1/+1カウンターを1個置く。ターン終了時まで、これは破壊不能を得る。これをタップするいうことや・・・」

「その中でうちは守るものができて、強くなれて・・・」

「そして、勝利をつかんだんや・・・ 」

「あんたと活躍することが、うちの幸せやったんや・・・」

「あんたと一緒にいられたら、幸せなんやっ」

「な、ずっとふたりで幸せに生きてこ・・・」

「これから先ずっと・・・うちらふたりで・・・」

「ほかにはなんもいらんから・・・楽園のドルイドもいらん・・・」

「むかしむかしもいらんし、夏の帳も撃てんでええ・・・」

「ただ、あんたといれたらそれでええんや・・・」

「ずっとふたりで暮らしてこ・・・」

「またロークスワイン城を見にいこ・・・」

「あんたが好きな基本のパワーとタフネスが3/3の緑の大鹿(Elk)クリーチャー増やして歩こうや・・・」

「飽きるぐらい遊ぼずっと、ニッサの家で、ふたりで仲良ぉ暮らそ・・・な・・・」

「だから、いかんといてやっ・・・」

「うち、おいていかんといてやっ・・・」

「ひとりにせんといてやっ・・・」

「うちをひとりにせんといてやっ」

「オ、オーコ・・・オーコ・・・オーコっ・・・オーコ・・・・オーコーーっ・・・!」

 | HOME | 

プロフィール

J速民

Author:J速民
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク集
Key Little Busters Key Little Busters Leaf ToHeart2 yume buhitanika higurashi utsudasnow knife karakuri kud wafter chao_0
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR