J-SPEED速報

J速はTeam Cygamesも応援しています!!

追悼 

2018.01.16

ならず者の精製屋「ねえ、おかあさん、ちょっと先に行っててほしいの。」

「あたしの活躍は、今期でおわりだから。」

「がんばって、そこまで歩いてみる。」

「おかあさんは、そこに立ってるの。ゴールだから。」

「もう、いいよね。・・・わたし、がんばったよね。・・・もうゴール、していいよね。」

「・・・そこまで辿り着いたら、もうゴールしていいよね。」
「・・・わたしのゴール。ずっと目指してきたゴール。」

「・・・わたし、がんばったから、もういいよね。休んでも・・・いいよね。」

つむじ風の巨匠「・・・え・・・あんた・・・まさか・・・痛いんか?ほんまは・・・エネルギー生成する時・・・痛かったんか・・・?」

「・・・嘘や・・・嘘や、言うてや・・・これからはあんた・・・元気になっていくんやろ?」

「・・・悪い夢は終わったはずやろ・・・?せやろ・・・?な、ならず者・・・。嘘や言うてや、ならず者・・・。」

精製屋「・・・ごめんね、つむじ風の巨匠・・・。でもわたしは、ぜんぶやり終えることができたから・・・。」

「・・・だから、ゴールするね・・・。」

巨匠「・・・あかん・・・まだ・・・頑張るんや、ならず者は・・・これから、まだまだ頑張るんや・・・。」

「・・・ゴール、まだまだ先や・・・。ずっと先にあって、こんなところにはあらへん・・・あらへんはずや・・・。」

精製屋「・・・ゴール・・・するね。」

巨匠「・・・あかん・・・ならず者、きたらあかん・・・ゴールしたらあかん。」

「・・・始まったばかりやんか・・・やっとスタートきれたんやないか・・・。」

「・・・ずっときれへんかったスタートやっ。」

精製屋「・・・ううん、エネルギー生成した。なにもかも、やりとげた。もうじゅうぶんなくらい。」

「・・・この冬に一生ぶんの楽しさがつまってた。すごく楽しかった。」

「・・・いろいろなことあったけど・・・わたし・・・がんばって、よかった。」

「・・・つらかったり、苦しかったりしたけど・・・でも・・・がんばって、よかった。」

「・・・ゴールは・・・霊気拠点だったから。わたしのゴールは霊気拠点だったから。ひとりきりじゃなかったから・・・。」

「・・・だから・・・だからね・・・もうゴールするね・・・。」

「・・・ゴールッ!」

「・・・やった・・・やっと・・・たどりついた・・・ずっと探してたばしょ・・・幸せなばしょ・・・ずっと、幸せなばしょ・・・。」

巨匠「・・・そんなん嫌や・・・ならず者・・・うち、そんなん嫌や・・・。」

「・・・置いていかんでやっ・・・うちをひとりにせんでやっ・・・。」

「あんたにエネルギー生成してもらったんやないかっ」

「牙長獣の仔の、育て方・・・あほで甲斐性なしやったうちに教えてくれたやんか・・」

「{E}{E}{E}を支払う:飛行を持つ無色の1/1の飛行機械・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成することだけが幸せやったうちに教えてくれたやないかっ・・・{E}{E}を支払う:牙長獣の仔の上に+1/+1カウンターを1個置くいうことや・・・」

「その中でうちは守るものができて、強くなれて・・・」

「そして、勝利をつかんだんや・・・ 」

「あんたと活躍することが、うちの幸せやったんや・・・」

「あんたと一緒にいられたら、幸せなんやっ」

「な、ずっとふたりで幸せに生きてこ・・・」

「これから先ずっと・・・うちらふたりで・・・」

「ほかにはなんもいらんから・・・マナクリもいらん・・・」

「スカラベの神もいらんし、蓄霊稲妻も撃てんでええ・・・」

「ただ、あんたといれたらそれでええんや・・・」

「ずっとふたりで暮らしてこ・・・」

「また海を見にいこ・・・」

「あんたが好きなヘンなジュース飲んで歩こうや・・・」

「飽きるぐらい遊ぼずっと、チャンドラの家で、ふたりで仲良ぉ暮らそ・・・な・・・」

「だから、いかんといてやっ・・・」

「うち、おいていかんといてやっ・・・」

「ひとりにせんといてやっ・・・」

「うちをひとりにせんといてやっ」

「な、ならず者・・・ならず者・・・ならず者っ・・・ならず者・・・・ならず者ーーっ・・・!」

友の名を。 

2018.01.03

demonz1.jpg







demonz2.jpg










3


追悼 

2017.04.29

守護フェリダー「ねえ、おかあさん、ちょっと先に行っててほしいの。」

「あたしの活躍は、今期でおわりだから。」

「がんばって、そこまで歩いてみる。」

「おかあさんは、そこに立ってるの。ゴールだから。」

「もう、いいよね。・・・わたし、がんばったよね。・・・もうゴール、していいよね。」

「・・・そこまで辿り着いたら、もうゴールしていいよね。」
「・・・わたしのゴール。ずっと目指してきたゴール。」

「・・・わたし、がんばったから、もういいよね。休んでも・・・いいよね。」

サヒーリ「・・・え・・・あんた・・・まさか・・・痛いんか?ほんまは・・・コピーされるの・・・痛かったんか・・・?」

「・・・嘘や・・・嘘や、言うてや・・・これからはあんた・・・元気になっていくんやろ?」

「・・・悪い夢は終わったはずやろ・・・?せやろ・・・?な、フェリダー・・・。嘘や言うてや、フェリダー・・・。」

フェリダー「・・・ごめんね、サヒーリ・・・。でもわたしは、ぜんぶやり終えることができたから・・・。」

「・・・だから、ゴールするね・・・。」

サヒーリ「・・・あかん・・・まだ・・・頑張るんや、フェリダーは・・・これから、まだまだ頑張るんや・・・。」

「・・・ゴール、まだまだ先や・・・。ずっと先にあって、こんなところにはあらへん・・・あらへんはずや・・・。」

フェリダー「・・・ゴール・・・するね。」

サヒーリ「・・・あかん・・・フェリダー、きたらあかん・・・ゴールしたらあかん。」

「・・・始まったばかりやんか・・・やっとスタートきれたんやないか・・・。」

「・・・ずっときれへんかったスタートやっ。」

フェリダー「・・・ううん、ぜんぶ、ブリンクした。なにもかも、やりとげた。もうじゅうぶんなくらい。」

「・・・この冬に一生ぶんの楽しさがつまってた。すごく楽しかった。」

「・・・いろいろなことあったけど・・・わたし・・・がんばって、よかった。」

「・・・つらかったり、苦しかったりしたけど・・・でも・・・がんばって、よかった。」

「・・・ゴールは・・・占い独楽といっしょだったから。わたしのゴールは占い独楽といっしょだったから。ひとりきりじゃなかったから・・・。」

「・・・だから・・・だからね・・・もうゴールするね・・・。」

「・・・ゴールッ!」

「・・・やった・・・やっと・・・たどりついた・・・ずっと探してたばしょ・・・幸せなばしょ・・・ずっと、幸せなばしょ・・・。」

サヒーリ「・・・そんなん嫌や・・・フェリダー・・・うち、そんなん嫌や・・・。」

「・・・置いていかんでやっ・・・うちをひとりにせんでやっ・・・。」

「あんたに何もかもブリンクしてもらったんやないかっ」

「ひとりきりやない、生き方・・・あほで甲斐性なしやったうちに教えてくれたやんか・・」

「酒飲むことだけが幸せやったうちに教えてくれたやないかっ・・・100万体の猫と一緒に殴るいうことや・・・」

「その中でうちは守るものができて、強くなれて・・・」

「そして、勝利をつかんだんや・・・ 」

「あんたと活躍することが、うちの幸せやったんや・・・」

「あんたと一緒にいられたら、幸せなんやっ」

「な、ずっとふたりで幸せに生きてこ・・・」

「これから先ずっと・・・うちらふたりで・・・」

「ほかにはなんもいらんから・・・マナクリもいらん・・・」

「巨匠もいらんし、誓いもできんでええ・・・」

「ただ、あんたといれたらそれでええんや・・・」

「ずっとふたりで暮らしてこ・・・」

「また海を見にいこ・・・」

「あんたが好きなヘンなジュース飲んで歩こうや・・・」

「飽きるぐらい遊ぼずっと、チャンドラの家で、ふたりで仲良ぉ暮らそ・・・な・・・」

「だから、いかんといてやっ・・・」

「うち、おいていかんといてやっ・・・」

「ひとりにせんといてやっ・・・」

「うちをひとりにせんといてやっ」

「な、フェリダー・・・フェリダー・・・フェリダーっ・・・フェリダー・・・・フェリダーーっ・・・!」

しみずのやりたい放題2017 

2017.02.13

陣内「へー、これがしみずのやりたい放題か。
ポケモンの対戦放送見たかったし丁度ええわ、見てみよ」
しみず「ッツ、あーうぜえ!そこで麻痺引くの?強すぎだろ、けど四回中1回動けりゃ勝てるしいいよ」
陣内「あーキツイな!まあどっかで攻撃出来るだろうし、これはしみずさん勝ったやろ」
「トゲキッスはからだがしびれて動けない!」
「トゲキッスはからだがしびれて動けない!」
陣内「えっこれやばいやん、しみずさん負けそうやん!頑張れトゲキッス!動け!」
「トゲキッスのエアスラッシュ!
ニドキングはたおれた!」
陣内「よっしゃ!まーそりゃあっこから負けるはずないもんなー!」
「…と普通はこうなるのだが、ここで動くとしみずを甘やかすことになるので、トゲキッスは動くのをやめた!」
陣内「なんでや!動いたれよ!
ゲームの中でぐらい甘やかしたれよ!」
「ニドキングのれいとうビーム!
しみずを甘やかしてはいけないので、急所に当たった!
しみずはまけてしまった!」
陣内「いやいやおかしいやろ!
しみずさん頑張っとるやん、甘やかしたれよ!
俺はしみずさん応援しとるからなー!」
しみず「あークソ!うぜえ!チッチッ
陣内が離婚してなかったら勝ってたのに、クソッ」
陣内「俺関係ないやろ!なんで俺が離婚しんかったらしみずの乱数が上ブレすんねん!」

【2pick指南】ヴァンパイア編 

2016.10.14

始めに断っておきますが、この記事の筆者は先日2pick100戦にて勝率9割を達成し先の記事を投稿した、完全に"こいている"2007遊戯王日本代表ではありません。
私はと言えば85勝15敗という不甲斐ない成績ではございますが、拙いながらも2pickにおけるヴァンパイアに関してお話したいと思います。

【ヴァンパイアというデッキの方針】
まずヴァンパイアの特性として、"エッチなカードが多い"という点が挙げられます。
コスト4を越えたあたりから途端にバケモンだらけのノーシコフォロワーが並ぶ、本格美麗スマホカードバトルの広告の萌え萌えドチャシコガールに釣られて来たユーザーが復讐状態になるようなヴァンパイアですが、コスト1~3にエッチな女の子が集中しています。
まずは"嬢"達を優先的にピックし、スケベな盤面を構築する土台を整えます。
例えば一見《眷族の召喚》は《オースレスナイト》と同様の効果を持ち、各種フォレストバットシナジーを得られる優良なカードですが、エッチではありません。
フォレストバットシナジーのある嬢をピックした後、後付けでピックする程度の優先度で良いでしょう。

【プレイについて】
先述の通り、序盤はスケベな盤面の構築に注力します。
《モルモ》《リリム》《スゥイートヴァンパイア》あたりを展開し、「素晴らしい!」のエモートと共にいやらしい盤面を作りましょう。
序盤に《ブラッドウルフ》や《眷族の召喚》しかプレイできない事故を起こした場合、エモートを飛ばすのは紳士的とは言えません。無言で見守りましょう。

対戦相手も黙ってスケベなカードを眺める小学生ではありませんので、当然ですがこちらの"店舗"を崩して"テンポ"を取ろうとしてきます。
嬢に手を出す不届きものに対する後ろ楯として、コスト4以上のおっさんやバケモンによるバックアップは必須です。後半は2コストエッチカードと4コスト暴力団進化カチコミによる2アクションを意識しましょう。

【優先度の高いカードの紹介】
《リリム》

ブロンズスケベカードの為、特に主力嬢となる可能性の高いカード。
「内緒のコト、しようよ♪」等と言われては、おじさんのちんちんも覚醒状態である。


《モルモ》

1/3というサイズが魅力的な嬢。
復讐状態であれば囲いも付いてくる人気者であり、おっぱいも盛るもである。


《セクシーヴァンパイア》

4マナを越えると途端にスケベ度の下がるヴァンパイアに於いて、貴重なスケベフィニッシャー。
サイズも3サイズもバツグンである。


《リミルの秘密》

「肌色ちゃうしいけるやろ」という魂胆が見え見えなカード。色々見え見えである。スケベ盤面を構築するのには使えないが、貴重なエッチスペルである為優先度は高い。


《ミッドナイトヴァンパイア》

シルバーレアでありながら広告を飾る文字通りの広告塔となる嬢。このカードを何枚取れるかどうかでユリアスオーナーの満足度が変わると言っても過言では無い。
通常時もさることながら、進化後のエッチ度も他の追随を許さない。


《最後に》
筆者の85-15にヴァンパイアは含まれておらず、最後の5戦でローウェンが2-3やらかした事からこのゲームに於いておっさんはクソ。

 | HOME |  »

プロフィール

J速民

Author:J速民
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク集
Key Little Busters Key Little Busters Leaf ToHeart2 yume buhitanika higurashi utsudasnow knife karakuri kud wafter chao_0
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR